スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもエルレインがリフィルの学校の校長だったら(SO2&テイルズより:エルレイン/リフィル、共演パロ)



(ルシアシュ悪魔&神父パロをベースにした、SO2&テイルズ共演パロです。許容できる方のみご覧ください)


 エルレインがリフィルの学校の校長だったら・・・・。
そんな世界でのお話・・・。


 「どうした・・ものかしら・・?」
リフィルはジッと考え込んでいた。
(どうすれば・・叩かれる方の気持ちもわかるかしら?)
リフィルはそのことを考える。
よりよいお仕置き・生徒の指導の為、お仕置きをされる側の気持ちも知った方がよい。
そう、考えるようになったためだ。
(何か・・いい方法は無いかしら?)
ヒントを求め、リフィルはパソコンで調べる。
そのとき、あるものを見つけた。
 「コレは・・!?」
リフィルはさらに検索し、詳しく調べる。
(中々よさそうだわ・・。休みのときに・・行ってみましょう)
そう考えると、リフィルは色々とメモを取っていた。


 数日後・・・。
パシーンッ!パシーンッ!パシーンッ!
店内に用意された、それぞれの個室から、お尻を叩く音が聞こえてくる。
個室の中では、客が、スタッフからお尻を叩かれていた。
体勢や部屋の内装は様々で、教室風の部屋では、は教師姿のスタッフに教鞭で叩かれ、懺悔室風の部屋では、聖職者の姿をしたスタッフに、膝に載せられ、平手で叩かれていた。
ここはスパンキング専門の風俗店。
客の希望や好みに合わせたシチュエーションで、スパンキングをしてくれるのである。
この店の待合室に、リフィルの姿があった。
 「どれに・・しましょう?」
メニューを見ながら、リフィルは考え込む。
色々なシチュがあるために、迷っているのだ。
 「どうやら、お迷いのようですね?」
「あなたは?」
「これは失礼しました。私はアドバイザーです。迷っているお客様に、お勧めのシチュをお教えいたします」
「それはちょうどよかったわ。実は・・・」
リフィルはここに来た理由を話す。
「なるほど・・・。では、『母親からのお仕置き』シチュはいかがでしょうか?ぴったりの人がいるのですよ」
「では・・それでお願いするわ」
「わかりました。では、こちらへどうぞ」
リフィルは、店員にある部屋へと案内される。
中へ入ると、典型的な一般家庭のリビングを再現した造りになっている。
 「あなたかしら?お客さんというのは?」
リフィルよりずっと年配の、柔和な母性を感じさせる女性が、リフィルへ声をかけてくる。
「ええ。あなたが、お仕置きしてくれるのかしら?」
「ええ、そうです。でも、珍しいわね。あなたみたいな女性がこういうお店に来るなんて」
「その、実は・・・・」
リフィルはよりよい生徒指導とお仕置きの為、叩かれる側の気持ちを知りたい、そう思ってこの店に来たことを話す。
 「そうでしたのね。熱心な先生なのですね」
「そ、そうかしら?教師としては・・こういうお店に来るのは、本当は・・マズイのだけれど・・・。す、すみません!ば、馬鹿にしたわけでは・・」
「構いませんよ。わかりました。あなたのことを娘と思って叱ります。ですから、母親と思って下さって、構いません」
母親役のスタッフの言葉に、リフィルは安心した表情を浮かべる。
「ありがとう。では・・よろしくお願いするわ」
その後、部屋からお尻を叩く音、母親が娘を叱るような声、リフィルの『ごめんなさい』、それらがない交ぜとなって、聞こえてきていた。


 それからしばらく経ったある日・・・・。
「校長、お呼びですか?」
校長室に入ると、リフィルはエルレインに尋ねる。
テストの採点をしていたら、話があると呼ばれたからだ。
 「ええ・・。実はあなたに確かめたいことがありましてね」
「確かめたいこと?何でしょうか?」
「ええ、実は数日前・・あなたが繁華街のある店に入ってゆくのを、偶然見てしまいましてねぇ・・・」
その言葉に、リフィルの表情が固くなる。
 「後で調べたら、スパンキング専門店ではありませんか。リフィル、何故、そんな怪しい店に入ったのです?」
「す・・すみません・・。実は・・」
リフィルはよりよい生徒指導・躾の為、お仕置きをされる側の気持ちを知ろうとしたこと、そのためにスパンキング専門店に行き、実際にお仕置きを体験したなどを話す。
 「なるほど!ちゃんと生徒のことを考えてのことだったのですね。それは立派な心がけです!」
理由を聞き、エルレインは一旦は褒める。
「ですが・・・それでも、教師が風俗店に行くというのは、いけませんねぇ」
「も・・申し訳・・ありません・・!反省しています・・・」
リフィルは縮こまって謝る。
 「反省するのは当然です。叩かれる側の気持ちを知りたいのでしたね?それなら、わざわざそんなお店に行かずとも、私がお尻ペンペンしてあげます」
「え・・?」
リフィルは嫌な予感を覚える。
直後、予感は見事に当たってしまう。
 「リフィル・・教師でありながら、そんな怪しいお店に行った罰です。お尻100叩きしてあげます。さぁ、こちらへいらっしゃい」
エルレインは膝を軽く叩いて、合図をする。
「こ、校長・・!そ・・それだけは・・・許してください・・!」
リフィルは思わず、お尻を押さえて懇願する。
 「ダメです、許しません」
エルレインは笑顔でそう言うと、リフィルへと接近する。
リフィルは危険を感じるが、蛇に睨まれた蛙状態で、逃げようにも足が動かない。
目の前までやって来たエルレインに、手首を掴まれたかと思うと、席まで連行されてしまう。
 「ま、待ってくださいっ!校長っ!?」
膝の上に乗せられながらも、リフィルは必死に訴えかける。
「待ちません。もう、覚悟を決めるのです」
「そ・・そんな・・!きゃあっ!?」
上着を捲り上げられ、下着とズボンを降ろされると、リフィルは思わず悲鳴を上げる。
 「何を慌てているのです?あなただって、生徒のお仕置きの時にはお尻を出すでしょう?」
「で・・ですが・・。校長・・せめて・・下着だけでも・・・」
お尻を出される恥ずかしさに、リフィルは顔を赤くして懇願する。
「ダメです。恥ずかしいのも、お仕置きのうちです。しっかり、反省しなさい」
エルレインはそう言うと、片手でリフィルの身体をしっかり押さえる。
そして、もう片方の手を、ゆっくりと振り上げた。


 バアシィーンッッ!!
「う・・・!?」
肌を打つ音と共に、鈍い痛みが、放射状に、お尻全体へと広がってゆく。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「・・・!・・・!・・・!・・・・!」
一発一発、エルレインはゆっくりと、平手を振り下ろす。
平手が振り下ろされるたび、はっきりした音が響き渡り、お尻を叩かれていることを、否応なしにリフィルに認識させる。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「・・・!・・・・!・・・・ぅ・・・ぁ・・・!・・・っ・・・!」
リフィルは声を出すまいと、必死に耐えようとする。
しかし、エルレインの力強い平手打ちに、無意識に声を漏らしてしまう。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「全く・・いけませんねぇ・・・・・」
ゆっくりとお尻を叩きながら、呆れたような口調で、エルレインは口を開く。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「ぅ・・!ぅぁ・・・・!ぁぁ・・・・!ぅぁ・・・!ぁぁ・・・!」
リフィルの口から、だんだん、苦痛の声が漏れだしてくる。
お尻の方も、エルレインの手形が幾重にも重なり、赤く色づいてゆく。
さらに、手形は重ね塗りされ、より濃厚な赤へと変化してゆく。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「たとえ、よりよいお仕置き、生徒指導のためだとしても・・教師でありながら、風俗店に行くなど・・・実に嘆かわしいですねぇ。教師としての自覚が・・あまりにも・・足りません!」
お説教をしながら、エルレインはリフィルのお尻に、容赦ない平手打ちを降らせ続ける。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「うう・・!くう・・!申し訳・・ありません・・!」
リフィルは謝るが、エルレインが許すはずも無い。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「謝ればよいというものではありません!あなたの軽はずみな行動で、学校全体にも迷惑がかかるのかもしれないのですよ?わかっているのですか?」
リフィルのお尻を力強く叩きながら、エルレインはお説教を続ける。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「申し訳・・あり・・ま・・ああっ!ひいいっ!あああっ!きゃああっ!」
リフィルは必死に謝ろうとする。
だが、絶え間なくお尻を襲う苦痛に、身を悶えさせ、思わず両足をバタつかせてしまう。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「こ、校長・・!お願い・・です・・!もう・・許し・・ああーっ!痛っ!くぅああ!いやあっ!許し・・ああーっ!」
恥も外聞もかなぐり捨て、手足をバタつかせながら、リフィルは必死に許しを乞う。
 バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
「ダメです。教師でありながら、怪しい店に行くような、悪い子は許しません。100叩きでは足りませんね。まだまだ、叩いてあげます」
「そ・・そんなっ!いやぁぁぁぁああ!!」
リフィルの絶望の声を尻目に、エルレインは容赦なく平手を振り下ろす。
 「いやぁぁぁ!許してくださいっ!校長っ!ごめんなさいっ!いやあぁぁぁぁ!」
「ダメですと言っているでしょう?悪い子っ!悪い子っ!悪い子っ!」
その後、100を超えても、許されることは無く、お尻叩きが続く。
ようやく、平手打ちが止まった頃には、優に300を数えていた・・・・。


 「うぅうぅ・・・!」
「ダメですよ、さすったりしては!まだ、反省中なのですよ!」
お尻に伸ばそうとした手を差し棒で叩き、エルレインは叱りつける。
リフィルは恨めし気な目を向けかけるも、必死に堪え、壁際にジッと立つ。
ようやく、お尻叩きからは解放されたものの、まだ許してはもらえず、お尻を出したまま、壁際に立たされていた。
むき出しにされたお尻は、濃厚なワインレッドに染め上がり、触ると、火事かと思うほどに熱くなっていた。
 「うう・・!校長・・お願いです・・!もう・・許して下さい・・!二度と・・怪しい店には・・行きません・・!約束・・します・・!」
「ふむ・・。反省してるようですね。いいでしょう。今回はコレで許してあげましょう」
「あ・・ありがとう・・ございます・・・」
エルレインの言葉に、リフィルは安堵の息を吐く。
ようやくのことで、真っ赤なお尻をズボンの下に戻せたが、直後のエルレインの言葉に、耳を疑う。
 「ふぅむ・・。今、よいことを思いつきました!リフィル、今後はあなたへの指導はお尻叩きにします!」
「ええ!?校長・・それだけは・・・・」
「まさか嫌だというのですか?自分がこうして叱られるようなことをしておいて、それが通るとでも?」
有無を言わせない雰囲気のエルレインに、さすがにリフィルは反論出来ない。
 「リフィル、別にあなたがしっかり教師として勤めを果たせばよいだけです。それとも・・まさか出来ないとでも?」
「そ・・そのようなことはありません!!」
「なら、別に構いませんよね?ちゃんと教師としての勤めや責任を果たしてさえいれば、私とてお仕置きなどしませんよ」
「わ、わかっています!きちんと、教師としての勤めも責任も果たしてみせます!」
「さすがですね。期待していますよ」
エルレインは微笑みながら言う。
校長に誓いながらも、リフィルは嫌な予感を密かに覚えていた。


 その後・・・・。
バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!
「くうっ!ああっ!こ、校長っ!許して下さ・・ひいいっ!うあああっ!ああーっ!」
お尻を叩く音と共に、リフィルの悲鳴と許しを乞う声が、校長室にこだまする。
エルレインの膝に載せられたリフィルのお尻は、既に濃厚なワインレッドに染め上がっていた。
 バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!
「そうはいきません。リフィル、一体何をやっているのです?あなたのクラスの生徒が学校をサボって、繁華街で遊んで補導されるとは」
エルレインはリフィルのお尻を叩きながら、詰問するように尋ねる。
担当クラスから、警察に補導された生徒が出たことで呼び出され、お仕置きをされているのである。
 バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!バシッ!
「申し訳・・ありません・・!今後・・きちんと・・指導・・いたします・・!」
「それは当然のことです。先日も、テストの採点ミスで叱ったばかりだというのに・・!どうやら、少々たるんでいるようですねぇ。今日はいつもより厳しく指導します!覚悟なさい!」
「そ・・そんなっ!いやっ!やぁぁぁぁ!校長・・許し・・きゃあああああ!!」
その後、長い長い間、リフィルの悲鳴と許しを乞う声が、校長室に響き続けていた。


 ―完―

スポンサーサイト
プロフィール

山田主水

Author:山田主水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。