FC2ブログ

秀道(しゅうどう)学園の日常(全寮制・ショタ)



 契遼州内扶桑国開拓地の某所にある全寮制男子校・秀道(しゅうどう)学園。
敷地内には、生徒達が暮らす学生寮が立ち並んでいる。
その一つに、菊花寮があった。
 菊花寮の裏手には、小さな林が広がっており、寮生たちのちょっとした憩いの場になっている。
その中に、佐々原只常(ささはらただつね)の姿もあった。
只常は菊花寮の寮生の一人。
紫の髪と瞳が特徴的で、女性と見まがう、美しい顔立ちをしている。
体格も細身のせいか、女っぽいなどと他の生徒から揶揄されることもあった。
 只常は紺を基調にしたブレザー式の制服とネクタイ、緑のシャツを着ている。
なお、ズボンは露出の多い短めの短パンである。
菊花寮は15歳未満の年少の生徒達の寮であるため、制服のズボンは短パンと定められている。
 只常は切株に腰かけ、本を読んでいる。
だが、不意に気配に気づき、振り向いた。
「只常クン・・!!」
異様に興奮した声で、声の主は、只常に呼びかける。
正体は年上の男子生徒。
長ズボン式の制服が、年長の学年であることを示していた。
 「何です、またあなたですか?」
只常はうんざりした表情で言う。
目の前の男子生徒に、以前からしつこく言い寄られているからだ。
全寮制男子校、という特殊な環境下のせいか、同性での恋愛や情事が、学園内では行われている。
只常は、その美しさゆえに、年長あるいは同学年の生徒達から、たびたび言い寄られていた。
もちろん、只常にはそういう性癖や趣味は無いので、そのたびに断っている。
だが、中にはしつこく言い寄る手合いもいる。
目の前の、年長の生徒もその一人だった。
 「只常クン・・!!どうして・・僕の気持ちをわかってくれないんだい!!」
「どうしても何も、僕にはそういう趣味はありませんから。もう・・近寄らないで下さい!!」
「ま・・待ってくれ!!」
年上の生徒は、必死に、只常にすがりつこうとする。
「いい加減にして下さい!!」
只常は苛立ちのあまり、男子生徒の腕を取る。
次の瞬間、男子生徒の身体が回転したかと思うと、地面に叩きつけられていた。
「は・・・!?しまった・・!?」
只常が後悔したときには既に遅く、生徒は完全に気絶していた・・・。


 数時間後・・・・生徒指導室。
バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!
「く・・!う・・!くぅ・・・!うく・・!!」
室内に肌を打つ音と、佐々原の苦痛混じりの声が、室内に響きわたる。
佐々原は腕章を身に着けた上級生の膝の上に乗せられ、お尻を叩かれていた。
短パンを降ろされ、むき出しにされたお尻は既に赤く染まっている。
お尻を叩いている生徒の腕章には『懲罰委員』と書かれている。
その名の通り、規則に違反した生徒を罰する役目を持つ生徒だ。
しつこく言い寄ろうとした上級生を投げ飛ばしたことで、佐々原に尻叩きの懲罰を与えているところだ。
 「佐々原クン・・・。いけませんねえ・・・。上級生に暴力を振るうだなんて・・・」
懲罰委員は、佐々原のお尻を叩きながら、お説教をする。
「く・・・!!ぼ、僕は・・降りかかる・・火の粉を・・払った・・だけ・・です!!」
佐々原は苦痛に顔を歪めながらも、反論する。
 バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアバシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!アンッ!バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!
「おや~?反省の見られない態度ですねぇ。上級生に手を上げるなど、この学園では許されないことなのですよ!しかも・・・君のような絶世の美少年でありながら、上級生の愛を拒むなど・・・!!なおさら許すわけにはいきません!!」
懲罰委員は、さらに平手の勢いを強めて、只常のお尻を叩く。
 バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアバシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!アンッ!バシンッ!ビシッ!バシィンッ!ビシッ!バアアンッ!
「くぅあ・・!あぅ・・!くぅ・・!ひぃう・・!ああう・・!くぅ・・!ああう・・!!」
力強いお尻叩きに、佐々原は苦痛に身をよじり、額には脂汗を浮かべる。
 「さぁ、上級生の愛を受け入れると誓いなさい!!そうすれば、懲罰から解放されますよ!!」
お尻を叩きながら、懲罰委員は、佐々原にそう言う。
 「い・・嫌です!!僕には・・そういう性癖も趣味もありません!!受け入れるつもりも毛頭ありません!!」
「おやおや?まだ、痛い目に遭いたいんですか?今度は道具を使いますよ?」
佐々原のお尻を軽くヒタヒタと叩きながら、懲罰委員は言う。
 「く・・!!あなたたちに・・屈するつもりは・・ありません!!」
「やれやれ・・・。仕方ありませんねえ・・・。それでは・・・アレを持って来なさい」
懲罰委員はため息をついて、部下の生徒に命令する。
すると、部下の生徒は、鞭を懲罰委員に手渡した。
 「さぁ・・今度はコレを使いますよ。手など比べ物になりませんよ。今なら・・・許してあげますよ。さぁ、上級生の求愛を受け入れると誓いなさい」
「ぜ・・絶対に・・嫌です・・!!」
佐々原は、懲罰委員の言葉をあくまでも拒否する。
 「やれやれ・・・。強情な・・。では・・・鞭でのおもてなしと行きましょう」
懲罰委員は半ば楽しげに言うと、鞭を振り上げた。


 ビシイッ!ビシッ!ビシィリ!バシッ!ビシッ!
「くうあっ!ああうっ!うっう・・!あああーー!!」
鞭による、鋭い切り裂くような痛みに、思わず佐々原は身をよじる。
あまりの痛みに、佐々原の目尻には涙が浮かぶ。
お尻には鞭の跡が刻みつけられ、見るからに痛々しい。
 「おやおや?まだ、始まったばかりですよ~。そんなのでは、先が思いやられますね~」
懲罰委員は楽しそうな笑みを浮かべて、鞭を振るう。
ビシッ!ビシビシビシッ!ビシビシビシィッ!ビシビシビシッ!
ビシッ!ビシビシビシッ!ビシビシビシィッ!ビシビシビシッ!ビシッ!ビシビシビシッ!ビシビシビシィッ!ビシビシビシッ!
「うわあ!あああっ!ぎひいっ!いいいっ!うわあああ!!!」
佐々原は耐えきれず、悲鳴と共に、両足をバタつかせる。
佐々原のお尻は、蚯蚓腫れの跡が幾重にも刻みつけられ、痛々しい姿になっている。
「ひぃう・・!くぅ・・!痛・・・!うぅう・・・!!許し・・くぅう・・!!」
只常は、涙目で、思わず弱音を吐いてしまう。
「今さら遅いですよ~!さぁ、今度はパドルでおもてなししてあげましょう」
今度は懲罰委員は、鞭から、いかにも痛そうな、穴が開いた上にイボイボの付いたパドルを手にする。
バシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バアジぃンッ!ビッダァンッ!
「あああああーーーー!!!」
鞭よりもさらに強烈な打撃に、只常は絶叫し、背をのけ反らせる。
 「ううう・・・!!も・・もう・・無理・・です!!い・・言う・・通りに・・うう・・!!し・・します・・・!!だから・・もう・・許し・・・」
あまりの苦痛に、只常は耐えきれず、泣きながら屈服する。
「残念ですね~。もう・・遅すぎましたね~!今からパドルで二百叩きコースに招待してあげますよ~」
懲罰委員は笑顔で、恐ろしい宣告をする。
「そ・・そんなあああ!!うわああああああ!!!」
バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!ババシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!シンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!バシンッ!
只常の絶望の叫びと共に、パドルが非情にも振り下ろされる。
その後、長い間、只常の泣き叫ぶ声と、パドルの音が響き渡っていた・・・。


 「理事長。以上が、佐々原只常の、懲罰記録となります」
スクリーンに映る只常の懲罰の動画と共に、懲罰委員が、理事長に報告する。
動画は生徒指導室に隠して設置してある映写機で撮影したもの。
懲罰が行われる際には、必ず撮影し、理事長への報告に使われるようになっていた。
「ご苦労、佐々原只常のその後の様子はどうだね?」
理事長は懲罰委員に尋ねる。
「はっ、懲罰がよく効いたようです。その後は上級生の求愛を受け入れています」
「ふふ・・。ご苦労・・。さすがだな。ああいう美しい少年は、同性に愛され、或いはこうして同性から尻を叩かれて罰せられてこそ、さらに輝くのだ!!」
理事長は興奮した声で言う。
理事長がこの学園を造った目的、それこそが美しい少年が同性に愛される姿、そしてお尻を叩かれて罰せられる姿を思う存分見るためだった。
 「ふふ・・。まさにここは我が天国・・・・フハハハハ・・!!」
理事長は佐々原のお仕置き画像を見ながら、悦に入っていた・・。


 ―完―

スポンサーサイト



プロフィール

山田主水

Author:山田主水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード