スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲に負けて・・・(SO2&テイルズより:ガイ/リッド、共演パロ)



(ルシアシュ悪魔&神父パロをベースにした、SO2&テイルズ共演パロです。許容出来る方のみご覧下さい)


 「はぁ~~。腹減ったなぁ~」
「おぃおぃ、さっき食べたばかりじゃんかよ?」
空腹を訴えるリッドに、ロイドは思わずそう言う。
先ほどまで、食堂で、何杯もおかわりしていたのを見ていたからである。
 「何言ってんだよ、あんなの食ったうちに入らねえよ」
「マジかよ?あれだけ食っててかよ!?」
食堂での食事量を振り返り、ロイドは再び声を上げる。
 「はぁ~~、あれでも我慢してんだって。キールがうるさいからよ」
「あれで控えめなのかよ・・・・。よくメカニックにならねえじゃんかよ?」
「ロイド、それを言うならメタボリックだぞ?」
ロイドの言い間違いを、苦笑しながらガイが正す。
 「あれ?そうだっけ?似てるから間違えちまったぜ」
(全然似てないと思うんだが・・・)
ガイはそう思うが、口には出さない。
 「あ~、腹減った~。なぁ、ロイド~、食い物持ってねえ?」
「そうは言ってもなぁ・・・・。あっ!グミが余ってたはず・・・」
ロイドはそう言うと、グミを取り出す。
だが、直後、何者かがグミを取り上げてしまった。
 「ロイドッ!何をやってるんだっ!!」
グミを取り上げるや、キールは一喝する。
「わ、び、ビックリしたなぁ!いつからいたんだよ」
「腹減ったとか騒いでるから出てきたのさ・・。全く・・リッドッ!間食なんかするんじゃないっ!!」
「そ、そうは言ってもよぉ・・・。腹減って・・・」
「そういうのがいけないって言ってるだろう!何のために僕がわざわざ食事管理してると思ってるんだ!?」
リッドの健康を考えて計画しているのに、それをぶち壊すような真似に、キールは憤慨する。
 「う・・。わ、悪かったって。謝るから許してくれよ」
「謝ればいいってものじゃないだろう!それに・・・さっき食堂で食べたと言ったな?」
「そ、それがどうかしたのかよ?」
「一体何杯おかわりしたんだ?」
「え。えーと確か・・・」
リッドはお代わりした回数を告げる。
 「馬鹿っ!!それじゃあ明らかに食べすぎだろう!!」
「だ、だってよ・・。腹・・減っちまって・・・」
「だからってバカスカ食べるんじゃない!!仕方ない・・!!リッド!今から運動だっ!!」
「ええ~?勘弁してくれよ。メンドくさいし、疲れるってーの」
キールの言葉に、思わずリッドはそう言う。
 「何を言ってるんだ!食べすぎたら消費しなきゃいけないんだ!!さぁ!行くぞっ!!」
「ええ~~っ!ま、待ってくれよ~~!!」
「つべこべ言うんじゃないっ!!」
キールはリッドを強引に連れていこうとする。
 「ロイド~、ガイ~、何とか言ってやってくれよ~~」
このままでは強制的に運動させらせると、リッドはロイド達に助けを求める。
「そうは言ってもなぁ。リッド、キールの言う通り、ちゃんと運動した方がいいと思うぞ?食べすぎなのは確かだからな」
「そんな~。ロイド~、助けてくれよ~~」
ガイに助けてもらえず、リッドはロイドに助けを求める。
「ロイド・・。まさかリッドの肩を持とうなんて思ってないだろうな?」
助け舟を出そうとしたロイドに、キールは杖を構えながら、ロイドに尋ねる。
「お、思ってねえって!!」
逆らってはいけないと感じたロイドは、必死に首を左右に振りながら返事する。
「ならいいんだ、さぁ、行くぞ!」
「そ、そんな~~~!勘弁してくれよ~~~」
絶望的な表情を浮かべるも、リッドはキールに強引に連れて行かれてしまった。
 「ははは、相変わらずみたいだなぁ、あの二人は」
「キールも相変わらず容赦ねえよなぁ。多分終わったらヘトヘトになっちまうぜ、リッド」
キールの様子から、ロイドはそう言う。
「そうだなぁ。後でスポーツドリンクでも差し入れた方がいいかもな」
終わった後のことを考え、ガイがそう言ったときだった。
 「あっ!ロイドッ!ここにいたんだね」
「あれ?アシュトンじゃんかよ。どうしたんだよ?」
アシュトンの姿に、ロイドは怪訝な表情を浮かべる。
 「実はセネルがパン作りの仕事中なんだけど、手が足りないらしくてさ。悪いけど一緒に手伝ってくれる?」
「わかったぜ」
そういうと、ロイドはアシュトンと共に厨房へと向かう。
 「さてと・・。俺も仕事に戻らないとだな」
そう呟くと、ガイもその場を立ち去った。


 「はぁぁ・・・。エライ目に遭ったぜ・・・・」
ぐったりした様子で、リッドはため息をついた。
食べすぎた分を消費するため、とキールに会館の周りを何度もマラソンさせられたのである。
おかげでヘトヘトだった。
 「うう・・。走り過ぎで足がパンパンだっての。絶対明日筋肉痛になるぜ・・・」
足をさすりながら、思わずリッドが愚痴をこぼしたときだった。
不意にリッドは香ばしい匂いに気づく。
「何だ?」
匂いに釣られ、無意識にリッドは歩き出す。
やがて、リッドは厨房へと入っていった。
 厨房へ入ったリッドは、匂いの正体に気づく。
商品用のテーブルにずらりと並べられたパンから、出来たての香ばしい香りがしてきたからだ。
 「うわ・・。マジウマそうじゃんか!?」
一目見るなり、リッドは食欲をそそられる。
思わず手を伸ばしかけるが、ギリギリで手が止まった。
 (馬鹿!待てって!これ、依頼品だぜ!!)
パンが置かれているテーブルから、リッドはそのことに気づく。
(マズイって・・。食ったら・・・)
リッドは理性を働かせ、厨房から出て行こうとする。
 だが、パンの香りがリッドの鼻を突き、否応なしに食欲を刺激する。
(ダメだって!ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ・・!!)
意思とは裏腹に、リッドはテーブルのそばへと戻って来てしまう。
 リッドはテーブルの傍らに立ち尽くしたまま、ジッとパンを見つめる。
目と鼻からの刺激が、さらにリッドの食欲をそそる。
(食ったらヤバイ!食ったらヤバイ!ヤバイヤバイヤバイヤバイって!!)
理性はそう訴えるが、一度火のついた食欲は止まらない。
ついにリッドはパンを一つ、取り上げてしまった。
 ジリリリリリリリリリリリ!!!!
突然、厨房の壁にかかっていた機械仕掛けのベルが鳴った。
「ヤベ!!」
激しく鳴るベルにリッドは慌てる。
鳴っているのは盗難防止用のベル。
 以前、ルークが依頼用のパンを勝手に食べてしまったことを踏まえ(『菓子パン騒動』より)、防止策としてガイが制作・設置したものだ。
テーブルに置かれた依頼品の食材が勝手に取り上げられたりすると、鳴るようになっている。
このままではマズイと、リッドはパンを抱えたまま、厨房を飛び出す。
だが、慌てていたせいか、飛び出した勢いで転んでしまった。
 「痛ててて・・・」
「何だ一体!?」
ぶつけたところを思わずさするリッドを尻目に、ベルを聞きつけたセネルが駆けつける。
 「何だ、リッドか。何をしてるんだ?」
「あ、いや、何でもねえよ」
「何か妙だな。ん?」
セネルは転んだ拍子にリッドが落としたパンに気づく。
 「コイツは・・・!?おい!!」
「ま、待ってくれよ!で、出来心だって!!」
「ふざけるなっっ!!幻竜・・」
怒りのあまり、セネルが拳を叩きこもうとしたそのとき、背後から押さえつけられてしまう。
 「ロイドッ!アシュトンッ!離せっっ!!」
「落ち着けって!!」
「そうだよ!気持ちは分かるけど暴力はダメだよっ!!」
「何を言ってるんだ!?泥棒を見逃せるかっ!!」
「だからって殴ったらセネルだって悪くなるんだよ!!」
「そうだぜ!!セネルだってお仕置きされちまうんだぜ!!」
苦労して造ったパンを盗まれそうになり、怒るセネルをロイドとアシュトンが必死に落ち着かせようとする。
 「何だ?一体何があったんだ?」
騒ぎを聞きつけ、ガイが急いで駆けつける。
「よかった、ガイ、実は・・・・」
アシュトンは手短に事情を話す。
 「なるほどなぁ。わかった、ここは俺に預けてくれないか?悪いようにはしないから」
「わかったよ、ロイド、セネル、それでいいよね?」
アシュトンはロイドとセネルにそう尋ねる。
「俺はいいぜ」
「俺も・・ガイがそこまで言うならな・・・」
ガイの言葉に、ロイドもセネルもそう言う。
 「聞き入れてもらえたよかった。アシュトン達はセネルを頼む」
「わかったよ。行こう、セネル」
アシュトン達に連れられ、セネルはその場を離れる。
 「さてと・・リッド、話があるから一緒に来てもらうぞ」
「わかったよ」
半ば諦めたように言うと、リッドはガイと共にその場を立ち去った。


 「さてと・・・。リッド、詳しく話してもらおうか?」
空いている部屋に二人で入ると、ガイはリッドにそう尋ねる。
「わかったよ。実は・・・」
そういうと、リッドはおいしそうな匂いに連れられ、厨房に入ったことから、セネルのパンを見つけたこと、食欲をそそらせ、どうにも我慢出来ずに食べようとしてパンを取り上げたこと、防犯ベルに慌てて逃げ出そうとし、駆けつけたセネル達にはち合わせた事などを手短に話す。
 「なるほどな。事情は分かった。でもな、リッド、パンを食べちゃいけないのはわかってたはずだよな?」
「う・・。それは・・わかってたんだけどよ・・・。運動させられて腹減ってたし・・ウマそうだったし・・・・」
「それは理由にならないだろう?依頼品のパンなのはわかってたはずだぞ。わかってて食べようとしたら、立派な泥棒だぞ?」
「うう・・。ゴメンって・・・」
「リッド、謝れば済むってものじゃないぞ。わかってるな?」
ガイは膝を軽く叩きながら促す。
 「ま、待ってくれよ!も、もしかして・・お、お仕置きなのかよ?」
「リッド、悪いことをしたのはリッドだろう?」
「で・・でもよ、俺・・もうそんな年じゃ・・・・」
恥ずかしいのだろう、リッドは必死に懇願する。
 「ダメだ。リッドだってキールが悪いことをしたらお仕置きをしてるだろう?」
「わかったよ・・。恥ずかしいけど・・仕方ねえか・・・」
諦めた表情でため息をつくと、リッドは大人しくガイの元へゆき、膝にうつ伏せになる。
 リッドを膝に乗せると、ガイは慣れた手つきでお尻を出す。
「うぅう・・・・」
お尻を出され、リッドは恥ずかしさに顔を真っ赤にする。
 「それじゃあリッド、行くぞ。覚悟はいいな?」
「わ、わかってるって・・・」
恥ずかしさに顔を赤らめながらリッドが答えると、ガイは片手でリッドの身体を押さえる。
そして、もう片方の手をゆっくりと振り上げた。


 パアッシィィィ~~~ンンンッッッ!!
「いっ・・たぁぁ!!」
弾けるような音と共にお尻に痛みが走る。
痛みに思わずリッドは顔を顰め、声を漏らす。
 パシッ!パアンッ!ピシャンッ!パアアンッ!パシンッ!
「ちょ・・!まっ、痛っ!痛えっ!!」
平手と共に与えられる苦痛に、リッドは悲鳴を上げる。
 パシッ!パアンッ!ピシャンッ!パンッ!パシィンッ!ピシャンッ!
「痛っ!ちょ、ま、待ってくれよっ!ひいっ!痛っ!ひっ!」
音と共にリッドは悲鳴を上げ、身体を強張らせる。
お尻は少しずつ、色づき、赤く染め上がっていった。
 「ダメだろう?依頼用のパンを食べるだなんて」
パンッ!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パアアンッ!
ガイはお尻を叩きながら、お説教を始める。
 ピシャンッ!パアアンッ!パシッ!ピシャンッ!パンッ!
「ひ・・!し、仕方・・ねえだろ・・。は・・腹・・減って・・ひ・・!痛っ!!」
痛みに顔を顰めながら、リッドは弁解する。
 「それは理由にはならないだろう?腹が減ったからって、勝手にパンを取って食べれば、それは立派な泥棒だろう?」
パアンッ!ピシャンッ!パアアンッ!パアシィンッ!ピシャンッ!
「ひ・・!だ、だから・・悪かったって・・!ひっ!痛っ!痛ええ!」
お尻の赤みがさらに増し、同時に苦痛がより強くなる。
 「リッド、知らなかったというならまだ勘弁出来る。だが、リッドが食べようとしたパンが依頼品なのはちゃんとわかってたんだろう?」
「ひ・・!ど、どうしても・・我慢・・出来なかったんだって・・!ひ・・!痛っ!痛ぁぁぁ!!」
弁解を続けるも、お仕置きの苦痛にリッドは目尻に涙を浮かべながら悲鳴を上げる。
 「わかっててやったのなら尚更悪いだろう?」
「ひぃ・・!だから悪かったって!!謝るから勘弁してくれよ~~!!」
許してもらいたくて、リッドは必死に謝る。
 「ダメだ。リッド、前にも食欲に負けて、似たようなことをしたことがあるだろう?覚えてないのか?(『身代わりの罰』『チョコ騒動』『騒動の後で』参照)」
「わ、忘れた・・わけじゃ・・・・」
痛いところを突かれ、リッドの表情が強ばる。
 「リッド、前にやらかしたとき、どうなった?チョコを食べられて怒ったアシュトンに追い回されたりしただろう?それに、肉屋を襲って捕まった時、キール達が身代わりになったのを忘れたのか?」
「だ、だから・・悪かったって・・・」
「リッドの中では軽いことかもしれない。だがな、他人や世間はそうは思ってくれないんだ。リッドが食欲に負けてしたことが原因で、怒った被害者に傷つけられたり、下手をすれば泥棒で捕まるんだぞ。そんなことになったら、キールやロイドが悲しむだろう?大切な人を傷つけるようなことをして、平気なのか?」
「そんなワケ・・ねえだろう・・・」
「だったら二度とこんなことをしたらいけないのはわかるな?」
「わ、わかってるって。だ・・だから・・」
許してくれと言おうとするが、ガイはかぶりを振るう。
 「リッド、俺ももう二度とやって欲しくない。だから、本気で行かせてもらうぞ」
「か、勘弁してくれよ~~!!お、お尻壊れちまうよ~~!!」
ガイの本気宣言に泣きたくなるリッドだったが、それを無視してガイは手を振り下ろす。
 ビッダァァァァァ~~~~~~~ンッッッッ!!!!
バァンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバン~~~!!!!!!
「ぎゃあああああああ!!!!!痛ってぇぇえええええ!!!!」
どしゃ降りの雨のような平手の嵐に、リッドは絶叫する。
 バッジィィィィィィィ~~~~~~~ンンッッッッッッ!!!!!
バァンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバン~~~~~~!!!!!
「痛ぇぇぇぇぇ!!!ごめんってばぁぁぁ!!!もう二度としねえからぁぁ!!勘弁してくれよぉぉぉ!!痛ぇぇええええ!!!」
両脚をバタつかせ、泣き叫びながらリッドは必死に謝る。
リッドの泣き声と、激しい平手打ちの音が、長い間部屋に響きわたった。


 「痛ぇ・・痛ってぇ・・・痛ってええ・・よぉぉ・・・」
リッドは全身を震わせて泣いていた。
お尻は今や、炉から取り出した鉄のような見事な赤に染め上がっている。
触ると、熱した石炭のように熱かった。
 「リッド、反省したか?」
一旦お尻を叩く手を止めて、ガイは尋ねる。
「ひぃん・・。し・・したって・・。も・・もう・・二度と・・しねえ・・から・・。だから・・・勘弁・・して・・くれよぉぉ・・」
「約束するか?」
「する・・するから・・!!」
リッドは必死になって頷く。
 「わかってくれたみたいだな。よし、お仕置きは終わりだ。よく頑張ったな」
ガイは涙をこぼすリッドの頭を撫でながら、そう言った。


 「ぐぅぅ・・!!痛ってぇぇ・・!!キール・・も、もっと優しく・・」
「これくらい我慢したらどうなんだ?男だろう?」
キールは厳しい表情を浮かべながら、薬を塗る。
 「キール、痛いんだからもう少し優しくしてあげなよ」
「そうだぜ、ちょっとかわいそうだぜ」
辛そうなリッドに、アシュトンとロイドがそれぞれ助け舟を出す。
 「何を言ってるんだ!元はといえばリッドの自業自得だろう!全く、本当に何をやってるんだ!!」
「ご、ごめんって!」
キールにまで怒られ、リッドは縮こまる。
 「だから言ってるだろう!節制を覚えろって!我慢しないでいつもバクバク食べてるからそうなるんだ!!」
「キール、その辺にしといてやれって。リッドだって反省してるんだし」
容赦ないキールに、ガイが助け舟を出す。
 「まぁでもよかったぜ、リッドのお尻見たらセネルも許してくれたしよ」
「そうだね」
ロイドとアシュトンは安堵の表情でそう言う。
苦労して造ったパンを盗み食いされかけ、セネルも大分怒っていたのだが、リッドの真っ赤なお尻に、怒りも解けたらしく、許してくれたのである。
 「うう・・。でもよぉ、痛くてたまんねえっての・・・」
「贅沢を言うんじゃない!全く・・・・」
痛みに顔を顰めるリッドに、キールが険しい表情で言う。
 「まぁとにかく上手く収まってよかった。ロイド、キール、リッドの世話を頼めるか?」
「ああ、任せとけって」
「ふん・・。仕方ないな。面倒くさいけど・・乗りかかった船だしな・・・」
ロイド達がそういうと、ガイとアシュトンは部屋を後にする。
 「はぁ・・・。まぁ無事に収まってよかった・・」
「そうだね、ガイもお疲れ様」
安堵の息をつくガイに、アシュトンがそう言う。
 「でもガイも大変だね。ルークだけじゃなくて、キール達の世話やお仕置きもしてさ。大変じゃない?」
「まぁ大変といえば大変だが、年下の子の面倒を見るのは昔からやってたからなぁ。別に苦痛とも思わないさ」
「そうなんだ、何かガイならいい保父さんになれそうだね」
「はは、保父さんか。考えたことは無かったな・・・」


 ガイは『保父さん』の称号を得た。


 ―完―

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

山田主水

Author:山田主水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。