スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契遼州物語3(ショタ/ショタ)



 第七治安隊隊舎、その奥まった一角に、治安隊長の執務室がある。
室内では、主である近方が、書類の決裁をしていた。
(何だ?)
命令書にハンコを押そうとしていた近方は、執務室へ慌ただしく近づいてくる足音に気づく。
ドンッッ!!
突然、ノックも無しに、いきなりドアが乱暴に開かれた。
 「何の用だ・・?」
ドアの向こうから現れた人物に、近方は露骨に嫌そうな表情を浮かべる。
やって来たのは、近方と同年代の少年。
藍色の髪と、蒼い瞳をした、美しい面立ちをしている。
少年らしい細身の身体に、黒を基調にした開襟式の軍服と短パン・軍帽・軍用マントを纏っている。
上着の下には、緑色のシャツと黒いネクタイを着込み、日本刀式の軍刀を腰に、左腕に治安隊の指揮官であることを示す腕章を身に着けていた。
 少年の名は佐々原只信(ささはらただのぶ)。
第八治安隊の隊長である。
「ふふ、随分な台詞だね。君と僕との間柄じゃないか」
「ただのいとこ同士だろう。用事が無いなら、帰ったらどうだ?隊長がサボっていて良いのか?」
佐々原の言葉に、近方は不機嫌な声で返す。
二人はいとこ同士だが、近方の方は、佐々原を嫌っている。
 「つれないなぁ。まぁ、そういうところがカワイイけどなぁ。ねぇ、ソウちゃん」
「ソウちゃんなどと呼ぶな!?私は忙しいのだ!?」
近方は苛立った声で言う。
「おぉ、怖い怖い。まぁいいさ。ソウちゃん・・僕は約束を果たしてもらいに来たんだよ」
「約束・・?」
「おやおや?まさか忘れたのかい?」
「忘れてなどいない・・!!」
佐々原の言葉に、近方はさらに不機嫌な声になる。
同時に、数日前のことを思い出していた・・・・。


 数日前・・・。
その日、近方は、管轄区域内の某寺院を訪れていた。
寺院は巡礼地として、地元では有名な場所。
その為、境内は多くの人でごった返していた。
 (話に聞いてはいたが・・・想像以上の賑わいだな・・・)
境内の賑わい振りに、近方はそんなことを思う。
近方は軍服ではなく、詰襟の学生服と短パン、学帽、学生用のインバネスコートを着ている。
今日は非番で、寺院を訪れたのも、観光目的からだ。
 (むむ・・・。さすがに有名なだけあって・・見事なものばかりだな・・・)
壁面や屋根に施された、様々な装飾用の彫刻や絵画の素晴らしさに、近方は感嘆する。
芸術のことはよく知らないが、素人目にも素晴らしいものなのが、見てとれる。
それらの装飾に、近方が思わず見とれていたときだった。
 不意に、甲高い声で何かを唱える声が聞こえてくる。
近方が振り向くと、ガイドに引率された、観光客の一団がやって来るのが見えた。
観光客たちは、近方の方へと近づいてくる。
近方はぶつからないよう、脇へと移動しようとする。
だが、その先に、観光客たちが、ドッと押し寄せてきた。
津波のように押し寄せる観光客らに、近方はおしくらまんじゅう状態になる。
(ま・・まずい!?)
このままでは押しつぶされてしまう。
そんな危機感が頭をよぎった、そのときだった。
 (ん!!??)
近方はお尻に手が当たっていることに気づく。
(押されているせいか・・?)
そう思った直後、いやらしい動きで、お尻を撫で始めた。
 (ち、痴漢だと!?)
こういう大勢の人が集まる場所で、痴漢が現れるのは知っている。
だが、男の自分が狙われるとは、思いもしなかった。
 (く・・!?)
痴漢の手は容赦なく近方のお尻を撫で回す。
まるで毛虫がはい回っているかのような感触に、嫌悪感と屈辱感しか湧いてこない。
(な・・情けない・・!?)
抵抗することも、周囲に助けを求めることも出来ない。
卑劣な変質者に、自分のお尻をいたずらされるがままになっている。
あまりにも悔しくて、情けなくてたまらない。
屈辱感で、近方は思わず身体を震わせる。
そんな近方の姿に、痴漢はさらに攻勢を強める。
 (おい!?まさか!?やめろ!?)
痴漢は何と、ズボンに手を突っ込んできた。
痴漢の手が、直に近方のお尻を触る。
直にお尻を鷲掴みされ、近方の背筋に悪寒が走る。
同時に、胃の中身がこみ上げてきてしまう。
吐きそうになるのを、近方は必死に堪える。
痴漢にあった上に、嫌悪感で吐くなど、あまりにも情けないからだ。
身動き取れず、痴漢のいいようにされている。
そんな状態が、このまま続くのか。
思わず絶望しかけた、そのときだった。
 突然、人間の壁の一角が崩れた。
(今だ!?)
とっさに、近方は崩れたところから、脱出する。
 抜け出した近方が見たのは、治安隊の兵士達に連行される、観光客たちの姿。
制服や腕章のデザインから、第八治安隊だとわかった。
(第八・・・まさか・・)
嫌な予感を覚えつつ、近方はあたりを見回す。
「ふふ・・。奇遇だね、ソウちゃん」
「やはりか・・!?」
佐々原の姿に、近方は表情が険しくなる。
 「そんな顔されるとキツイなぁ。助けてあげたのにな~」
「く・・!そ、そのことは・・礼を言おう・・。不本意だが・・・。助かった・・・」
近方は渋々ながら、礼を言う。
 「ん~?何かあまり誠意が感じられないんだけどな~」
「く・・!どうしろと・・言うのだ!?」
イラッとしそうになるのを、近方は必死に抑えながら尋ねる。
「そうだねぇ。後で・・一つだけ、僕の言うことを聞いてもらう、っていうのはどうかな?」
「一つだけ・・だな?」
「そうだよ~。一つだけだよ~」
佐々原の笑顔に、近方は何か企んでいる、とは感じる。
だが、拒否することは嫌だった。
助けられたことは、事実だ。
要求を拒否すれば、恩知らずになってしまう。
それだけは、軍人としての誇りにかけて、嫌だった。
墓穴を掘るのを承知で、近方は返答をする。
「わかった・・。助けられたのは事実だ・・。お前の望みを聞こう・・。ただし・・本当に一つだけだぞ?」
「ふふ、さすがソウちゃんだね」
佐々原は近方の返事に、満足げに笑みを浮かべる。
そんな佐々原の笑みに、近方は苦々しい表情を浮かべずにはいられなかった。


 数日前のことを思い出し、近方の表情はさらに険しさを増す。
「つまり・・この前の借りを取り立てに来たというわけか・・・」
「まさか・・嫌だなんて、言うつもりなの~?ソウちゃん?」
「そうは言わん!!ちゃんと借りは返す!!」
近方は挑発するような言い方に、思わずそう返してしまう。
 「ふふ・・。それを聞いて安心したよ。さすがソウちゃん、立派な軍人だね」
「こ・・子供扱いするな!?それより・・要求は何なのだ?」
苛立ちを抑えながら、近方は尋ねる。
「ふふ・・・。僕の要求はねぇ・・ソウちゃんだよ。正確には、ソウちゃんのお尻だね」
「な・・何?どういう・・意味だ?」
物凄く嫌な予感を覚えつつ、近方は尋ねる。
「ああ、言葉が足りなかったねえ。ソウちゃん、僕が満足するまで、ソウちゃんをお尻ペンペンさせて欲しいんだよ」
「ふ・・・ふざけるな!?冗談も大概にしろ!!」
「僕は本気だよ?本気でソウちゃんをお尻ペンペンしたいのさ」
「この・・変質者が!?」
近方は思わず言う。
「変質者でも構わないさ。ソウちゃん・・約束をしたのはソウちゃんじゃないか?ソウちゃんは約束も守れない子供なのかい?」
「ち・・違う!?」
「じゃあ、僕との約束も守ってもらおうかなぁ」
「く・・!?」
近方は歯噛みする。
子供っぽいプライドや意地なのはわかっている。
だが、自分が約束をした以上、それを覆すのは嫌だった。
「わ・・わかった・・!!好きに・・するがいい!!」
半ばやけくそで、近方は言う。
「さすがソウちゃん、話がわかる~!じゃあ、さっそく始めようかな~」
佐々原はそう言うと、来客用の椅子に腰を降ろす。
 「さぁ、ソウちゃん。ここに来て」
ニコニコと笑顔で、佐々原は自身の膝を軽く叩いて、呼びかける。
「く・・!」
屈辱感に顔を歪めつつ、近方は佐々原のそばへ行く。
一瞬、佐々原の脇で立ち尽くしたが、覚悟を決めた表情で、佐々原の膝にうつ伏せになった。
 「さすがソウちゃん、いい子いい子」
佐々原は近方の頭を撫でてほめる。
「ば・・馬鹿に・・するな・・!!さっさと始めて・・終わらせたら・・どうだ!?」
「それはソウちゃん次第だね~。フフフ・・・」
佐々原は笑いながら、近方の短パンを降ろす。
 「ああ・・!相変わらず・・可愛いお尻だね・・ソウちゃん」
ウットリした表情を浮かべ、佐々原は近方のお尻を撫で回す。
「ひ・・!や、やめろ・・!?」
痴漢にあったときの嫌悪感を思い出し、近方は全身を震わせる。
「ああ、ごめんごめん。じゃあ・・始めようっかな」
佐々原はそう言うと、ゆっくりと、手を振りかぶった。


 バッシィーンッッ!!
「く・・・!?」
甲高い音と共に、近方のお尻に、鈍い痛みが走る。
近方は思わず顔を顰め、声が漏れてしまう。
(馬鹿者!?何をしている!?)
声を漏らしたことに、近方は思わず自分を叱咤する。
パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!
近方の心理を尻目に、佐々原は立て続けに、平手を振り下ろしてくる。
「・・・!・・・!・・・!・・・!」
近方は声を押し殺し、佐々原の平手打ちに耐える。
 パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!
「ふふ、ソウちゃん、イイ恰好だね。膝の上で、お尻だけ丸出しだなんてね」
近方のお尻を叩きながら、佐々原は言う。
 「く・・!お、お前が・・させたの・・だろうが!?」
「そうだね。でも・・本当に可愛いよぉ、ソウちゃん」
佐々原は愛しさの籠った表情を浮かべて、言う。
パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!パシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!
「・・!・・・!・・・!・・・!・・・!・・・!」
近方はお尻に与え続けられる痛みに、必死に耐える。
一打、また一打と、佐々原の手が近方のお尻に叩きつけられる。
そのたびに、近方のお尻に、赤い手形が刻みつけられてゆく。
手形は重なり、近方のお尻を赤く染める。
「ああ~!ソウちゃん、真っ赤なお尻がとってもカワイイよぉぉぉ!!!」
「へ、変なことを言うな!この変態めが!?」
「ああ・・もう!我慢できない!無理!!」
叫ぶように言うと、何と佐々原は近方のお尻の最奥部に、指を突き入れた。
 「ひ・・!?や、やめろ!?この変態!?」
「ああ・・!そうやって・・嫌がるソウちゃんも可愛い!!」
佐々原はだらしない笑みを浮かべながら、さらに近方のお尻にイタズラをしようとする。
「いい加減に・・せんかぁぁぁあ!!!!」
ついに近方は怒りを爆発させる。
膝の上から抜け出すと共に、佐々原を殴りつける。
 「うわっ!何するのさソウちゃん!?」
「それはこちらの台詞だ!?尻叩きだけならまだしも・・痴漢の真似まで・・!!」
近方は怒りを込めて、軍刀を抜き放つ。
「そ、ソウちゃん!ま、待って!ソウちゃんが可愛いからつい・・!!」
「理由になるか!?お前はいつも・・!?」
近方が怒りを佐々原にぶつけようとした、そのときだった。
 ドンッッ!!
突然、ドアが乱暴に開く。
近方も佐々原も思わずドアの方を振り向く。
すると、佐々原に逮捕されたはずの痴漢達の姿があった。
 「お前たちは・・・」
痴漢の姿に近方は嫌悪と怒りをあらわにする。
一方、佐々原は恐怖によるのか、顔から血の気が引いていく。
 「旦那!話が違うじゃないですか!早く報酬を支払って下さいよ!!」
痴漢のリーダーが、佐々原に向かってそんな要求をする。
「お前たち、どういうことだ?」
何かがおかしい。
そのことに気づき、近方が尋ねる。
 「実はこの旦那に頼まれたんですよ!!好きな子を振り向かせるために、痴漢役をやってくれと!!報酬も弾むってね!!それなのに・・牢屋とは話が違いますぜ旦那!!」
「そうか・・・!そういう・・ことだったか・・・」
近方はゆっくりと佐々原の方を振り向く。
近方の表情を見るなり、佐々原は絶望で血の気が引く。
 「ソ、ソウちゃん!ぼ、僕が悪かったから!!で、でも、ソウちゃんのことが好きなのは本当だよ!!」
「貴様の・・歪んだ愛情など・・いらん!!消え失せろ!!」
近方は怒りを込めて、渾身の突きを繰り出す。
直後、壁を突き破り、吹っ飛んでゆく佐々原の姿が目撃された。


 「うう・・!ソウちゃん、愛が痛すぎるよ・・!!」
包帯姿でベッドに横になった姿で、佐々原は嘆く。
(失敗したなぁ・・。でも・・ソウちゃん、僕はどんなに嫌われてもソウちゃんが好きなんだよ!!絶対にソウちゃんを振り向かせてみるからね!!)
近方が聞いたら、再び怒り出しそうな決意を胸に、佐々原は心の中で呟いていた・・。


 ―完―

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

近方君

お邪魔します。栞です。
こちらのほうにもコメントを・・・
只信君・・・迷惑防止条例違反の現行犯ですが、セーフですか?
仮に美少年に目がないお姉さまでも、「いい子にしないと指入れちゃうぞ♪」のような脅迫くらいで許してくださるはず・・・きっと。
いきなりつっこんじゃうのは、憲兵のお姉さんに捕まって
そのままお膝にのせられそうな勢いですが・・・。
お姉さま・・・ん?ひょっとして、本部長とか軍医の先生とか
そういうお方ばっかり・・・?(威力は絶大ですが。^^;)

P.S.近方君のおかげで、『薊庵』の二作目が書きあがりました
つなぎ的なお話ですが、よろしければこちらもどうぞ。

三作目か四作目辺りで一番書きたいお泊りネタを書いてみようかと思っています。
キー君にさせるいたずらを考えるのって本当に大変ですね。
ネットで調べても、注文間違い、順番間違い、と食器の破損
というのが代表的な失敗らしく、イマイチ・・・^^;

お邪魔しました。
プロフィール

山田主水

Author:山田主水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。