FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張春華の憂鬱(エルレイン/張春華、共演パロ)



(テイルズと無双シリーズを題材にした、二次創作です。hirо様の『調子の乗る妲己』の設定をお借りしています。許容できる方のみ、ご覧下さい)


 張春華が妲己の罠に陥り、散々にお尻を叩かれた一件から、数日経ったある日・・。


 「なるほど・・。それで私の店と名前を利用して、張春華を罠にかけた、というわけでしたか」
「勝手に使ったのは、悪かったわよ~。でも、おかげでイイモノが作れたわよ~。エルレインだって、そう思うでしょ~?」
張春華のお仕置きDVDを見ながら、エルレインと妲己はそんな会話を交わす。
 「そうですね~。本来なら、人の名前と店を勝手に利用したツケを、あなたのお尻で支払ってもらうところですが・・・」
「だ、だから勝手に使ったのは悪かったって謝ってるじゃないのよ!!勘弁してよね!!」
エルレインの言葉に、妲己は慌てる。
 「まぁ、いいでしょう。おかげで面白いコトを思いつきました」
「何よ?せっかくだから、教えてよ」
「いいでしょう。あなたにも協力してもらいたいですからね」
エルレインは微笑を浮かべると、妲己に何やら耳打ちする。
 「さすがエルレインよね~。イイこと、考えるじゃない~!!」
「では・・協力してもらえますね?」
「もちろんよ!でも・・それなりにお礼はしてもらうわよ?」
「当然です。期待してくれて、構いませんよ」
「なら決まりね!私に任せなさい!!」
そう言うと、妲己は張り切った様子で、部屋を後にした。


 それからさらに、数日たったある日・・・・。
「ふふふ・・・。お待ちしていましたよ。張春華」
応接室に現れた張春華を、エルレインは微笑を浮かべて、迎え入れる。
 「お初にお目にかかります。先日は・・・私の息子が・・本当に申し訳の無いことをいたしました」
挨拶のあと、張春華は、エルレインに頭を下げて謝る。
 「さすがに、どうして呼ばれたか、わかっているようですねぇ」
「はい。妲己から話がしたいと聞いた時にはおおよそは、見当はついていましたわ」
「ならば・・話がしやすいですねぇ。子の不始末は、母親であるあなたの責任ですからねぇ」
「わかっています。私の躾が至らなかった為に、とんだご迷惑をおかけしました。母として・・この罪は・・私が償います」
「いい心がけです。ですが・・どのように・・償うつもりですか?」
「あなたは・・・美しい女性をお尻ペンペンするのが・・大好きだと、聞いております。私のお尻で・・許していただけますか?」
「さすがですね。ただし・・・。一度で許すわけにはいきません。あなたを躾け直すには、一か月必要でしょう。今日から一か月、私が直々に、あなたを躾け直してあげます。もちろん、お尻ペンペンでね」
「い・・一か月・・!!」
エルレインの宣告に、張春華は愕然とする。
まさか、そんなにも長い期間、お尻を叩かれ続けることになるとは、思わなかったからだ。
 「おや?嫌なら構いませんよ。どうぞ、お引き取りを」
エルレインはドアを指し示して、言う。
だが、張春華には、帰ることなど出来なかった。
 「いえ、そんなことはありません。全ては母親の私が至らぬせい・・・。今日から一か月、お尻叩きでの躾直しを受けます・・・・」
「ならば、早速始めましょう。では・・・張春華、まず、最初に、これから一か月にわたる、お仕置きのお願いをしなさい」
「は・・はい・・!!エルレイン様・・・・。私は、子供の躾も満足にできない・・いけない母親です・・・。どうか・・・今日から一か月・・エルレイン様の手で・・お尻ペンペンによる・・躾直しを・・お願い・・いたします・・」
張春華は恥ずかしさに顔を真っ赤にしながら、屈辱的なお願いをする。
 「いいでしょう。では、張春華、ここに来なさい。今から、お尻ペンペンしてあげます」
エルレインは椅子に座ったまま、軽く膝を叩いて、言う。
張春華は命じられた通り、エルレインの膝に、うつ伏せになる。
 「よく出来ました。いい子ですねぇ」
エルレインは屈辱を煽るため、幼児に対するように、張春華の頭を撫でる。
「や・・やめて・・下さい・・。恥ずかしい・・ですわ・・・」
「恥ずかしいのも、お仕置きのうちですよ」
そう言いながら、エルレインは張春華のスカートを捲り上げ、下着を降ろす。
 「ほほぅ、中々綺麗なお尻ですねぇ」
あらわになった張春華のお尻を見つめ、エルレインは満足げに言う。
張春華は羞恥に顔を真っ赤にし、何も言えない。
 「では・・行きますよ。覚悟はよいですね?」
エルレインの問いに、張春華は静かに頷く。
それを見たエルレインは、ゆっくりと、手を振り上げた。


 バアシィーーーンンンンッッッ!!!
「きゃああああ!!!!」
お尻に最初の一撃が叩きつけられるやいなや、張春華は背をのけ反らせて、悲鳴を上げる。
パァシィンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチィンッ!ピシャンッ!
「きゃあっ!いやっ!きゃああ!ひいんっ!痛ああっ!!」
お尻を叩かれる苦痛に、張春華は、幼児のように悲鳴を上げ、両足をバタつかせる。
 「おやおや?お仕置きはまた、始まったばかりですよ?恥ずかしくないのですか?」
「そ・・そう言いましても・・!!きゃああ!!きゃあっ!!」
張春華は、恥ずかしさに顔を真っ赤にしながら、悲鳴を上げる。
パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!
「きゃあっ!痛あっ!きゃああ!!エルレイン様っ!!許して下さいっ!!きゃああ!!痛あっ!!いやあっ!!」
「ダメです。躾は最初が肝心ですからね。今日は100回叩くまでは、許してあげません」
「そ・・そんなっ!!いやああああ!!!」
絶望の声を上げる張春華に、エルレインは容赦なく平手を振り下ろす。
その日、宣告通り、張春華は100回を超えるまで、エルレインの膝の上から、解放されることは無かった・・・。


 5日後・・・。
「約束の時間を10分も過ぎていますよ。どういうつもりですか?」
部屋に現れた張春華を、エルレインは厳しい表情で見つめ、問いかける。
「も、申し訳ありません・・!!ね、寝過ごして・・しまいまして・・」
張春華は必死に謝る。
だが、それで許すエルレインではない。
 「どうやら・・少々弛んでいるようですねぇ。今日はいつもの倍の数、お仕置きしてあげましょう」
「そ・・そんな・・!!」
エルレインの宣告に、張春華は愕然とする。
いつもの数でも、耐えきれないのだ。
倍も叩かれたら、どうなるかわからない。
 「おや?嫌なら、4倍に増やしてあげましょうか?」
「い、いいえ!!そんなつもりはありません!!」
「でしたら、早くこちらへ来なさい」
エルレインは、膝を軽く叩いて、合図をする。
張春華は諦めた表情を浮かべると、そのままエルレインの膝に乗る。
その後、お尻を叩く音と、張春華の悲鳴が、部屋に響き始めた・・・。


 その日の夜・・・・。
いつものように、大聖堂の守備兵達が、敷地内を、巡回していたときだった。
「誰だ!?」
不審な気配に気づき、兵士達が明かりを向ける。
すると、木陰に潜んでいた、張春華の姿が、照らし出された。
 「!!!!!」
とっさに、張春華は兵士達に攻撃を繰り出そうとする。
「トリニティスパーク!!」
だが、それよりも早く、エルレインの雷撃が、張春華に命中する。
衝撃と共に、張春華は気を失った。
 一時間後・・・。
「全く・・・。いけませんねぇ。逃亡を図るとは・・・・・」
「も、申し訳・・ありません・・・!!」
「謝ればよい、というものではありません。躾を受けている途中で、逃げ出そうとするなど・・。本当に悪い子ですねぇ。そんな悪い子は、普通のお仕置き、というわけにはいきません。明日、大聖堂で、皆の前でお仕置きしてあげます」
「そ・・そんな・・!!わ、私が悪かったですわ!!あ、謝ります!!ですから・・それだけは・・・」
「ダメです。あなたみたいな悪い子は、ちょっとやそっとでは許してあげません。痛くて恥ずかしい思いをして、心から反省しなさい」
「そ・・そんな・・・!!」
張春華は絶望に満ちた表情を浮かべる。
そんな張春華を、エルレインは満足げに見つめていた。


 翌日・・・。
大聖堂は、いつも以上に、大勢の人々でごった返していた。
壇上には、エルレインの膝に乗せられ、お尻をむき出しにされた、張春華の姿。
大勢の視線に、張春華は既に、涙目になっている。
 「皆さーん、よく集まってくれました~!!今日は、これから、悪い娘の張春華ちゃんを、お仕置きしようと思います!!」
エルレインの言葉に、観衆達は盛り上がり、歓声を上げる。
 「さてと・・・。張春華ちゃ~ん、あなたは一体どんな悪い娘だったのかしら?皆に、ちゃんとお話しなさい」
エルレインは張春華のお尻をヒタヒタと、軽く叩きながら、命令する。
 「くぅ・・!!わ、私は・・・子供の躾も・・・ちゃんと・・出来ない・・ダメな・・母親・・です・・・。その為に・・エルレイン様に・・躾け直してもらって・・います・・。ですが・・・耐えきれずに・・・先日、逃げ出して・・しまいました・・・。そ、そんな悪い子・・でしたので・・これから・・・皆さんの前で・・お・・お尻・・ペンペン・・され・・ます・・・」
張春華は泣きそうになるのを必死に堪えながら、観衆に向かって、話す。
屈辱で、その全身が、熱病にかかったように震えている。
 「皆さん、聞きましたか~?では、これから、悪い娘の張春華ちゃんのお尻ペンペンを始めますよ~~!!よく見ていて下さいね~~」
エルレインの宣言に、観衆からは歓声が上がる。
それを見てとると、エルレインはゆっくりと、手を振りかぶった。
 バッチィィーーーーンンンンッッッ!!!
「きゃあああああ!!!!」
お尻に叩きつけられた平手の一撃に、張春華は悲鳴を上げる。
パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!
「きゃああ!!痛っ!いやあっ!きゃああ!!」
お尻を叩かれる苦痛に、張春華は始まったばかりなのに、悲鳴を上げ続ける。
 パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!
「全くっ!お仕置きから逃げ出そうなどと・・。本当に悪い子ですねっっ!!」
「きゃああ!!ゆ、許してくださいっっ!!も、もう・・我慢・・しきれなくて・・!!」
張春華は許しを乞いつつ、弁解する。
だが、エルレインが許すはずも無い。
 パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!パアンッ!パシンッ!ピシャンッ!パァンッ!パチンッ!ピシャンッ!!
「あなたが、ちゃんと躾のできない悪い子だから、お仕置きされているのでしょう!!それなのに、逃げるなんて、本当に悪い子ですね!!そんな子は、うんとお仕置きです!!」
「いやああああ!!!許してくださいっ!!ごめんなさいっ!!ごめんなさいっ!!ごめんなさいっ!!」
張春華は必死に謝り続ける。
観客の歓声が響く中、お尻を叩く音と、張春華の悲鳴が、聖堂内に響き続けた・・・。


 「うう・・・ぐす・・・!!」
張春華は涙目で、ジッと立ち続ける。
お尻は真っ赤に染め上がり、首から『ただ今絶賛お仕置き中』という、恥ずかしい札を下げている。
その傍らでは、エルレインがコーヒーを飲みながら、満足げに見つめていた・・・。


 ―完―

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

いつも大人の振る舞いをしている張春華が子供のように扱われてるいるのはいいですね
張春華ものまた期待してます!
また参考にした人の情報も教えて頂ければうれしいです。
プロフィール

山田主水

Author:山田主水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。