FC2ブログ

もしもティアが告白したのがエルレインだったら4(テイルズより:/ティア・エルレイン)



(テイルズを題材にした二次創作です。許容できる方のみご覧下さい)


 もしもティアが告白したのがエルレインだったら・・そんな世界でのお話・・。


 人気の少ない夜の公園・・・。
その片隅に、ティアとエルレインの姿があった。
「さすがに・・・この時間だと誰も・・いないわね・・・。」
自分達しかいない夜の公園に、ティアは思わず言う。
「そう思うでしょう?でも・・・意外と人が通ったりするものです。見られたら・・・そう思うと・・恥ずかしいですよ」
「でも・・・とっても、興奮するわね・・・」
状況を想像しているのか、ティアはお尻を撫でながら、ウットリした表情を浮かべる。
 「全く・・・いけない子ですねぇ。そんな想像するなんて・・」
「ああ・・。母さん・・ごめんなさい・・。つい・・そんなこと・・考えちゃうの」
「ふふ・・。悪い子ですねぇ。そんな悪い子は、想像通り、ここでお仕置きしてあげます」
エルレインは笑みを浮かべると、ティアを近くのベンチに連れてゆく。
そのまま、ベンチに腰掛けると、ティアを膝の上に乗せ、慣れた手つきで、ティアのお尻をあらわにする。
 「ふふ・・。どんな気分です?夜の公園でお尻だけ丸出しなんて、恥ずかしい格好をして」
「恥ずかしいけど・・・。興奮・・しそうだわ・・・」
羞恥とお仕置きに対する期待で、ティアは全身を震わせる。
「ふふ・・・。では・・始めましょうか」
エルレインはそう言うと、ゆっくりと、手を振り上げた。


 バアシィィンン!!
「きゃあああ!!」
甲高い音と共に、聖女の手がティアのお尻に叩きつけられる。
お尻に与えられる苦痛に、思わずティアは背をのけ反らせ、悲鳴を上げる。
 バシンッ!ビダァンッ!バアシィンッ!ビッダァンッ!バシィンッ!
「あん・・!きゃあ!ああんっ!やぁんっ!あああんっ!?」
エルレインの平手がティアのお尻に降り注ぐたび、ティアの悲鳴が上がる。
バシンッ!ビダァンッ!バアシィンッ!ビッダァンッ!バシィンッ!バシンッ!ビダァンッ!バアシィンッ!ビッダァンッ!バシィンッ!バシンッ!ビダァンッ!バアシィンッ!ビッダァンッ!バシィンッ!
「あああんっ!?きゃあうんっ!?ひぃうんっ!ああんっ!痛あっ!?きゃあん!?」
お尻を叩く音と共に、ティアは背をのけ反らせ、悲鳴を上げる。
だが、その悲鳴はよく聞くと、嬌声が混じっている。
 「ティア、どういうつもりです?何だか嬉しそうな声をしていますねぇ?」
一旦、お尻を叩く手を止めて、エルレインが問いかける。
「ご・・ごめんなさい・・・。母さんとこうして・・お尻ペンペンデートしてると思うと・・嬉しくて・・・」
ティアは荒い息を吐きながら、言う。
二人はお尻ペンペンデートの真っ最中、公園に着たのも、そのためだ。
 「全く・・そんなことを思うなんて・・いけない子ですねぇ」
エルレインは呆れたように言いつつも、ティアの反応に、どこか嬉しげな様子を浮かべる。
「そんないけない子にはお望み通り・・たっぷりと、お尻ペンペンしてあげます。覚悟なさい」
エルレインは笑みを浮かべると、再び、手を振りかぶる。
 バシンッ!バアアンッ!バアシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!
「あああんっ!母さんごめんなさいっ!ごめんなさいっ!?」
ティアは嬌声混じりの声で謝りながら、両足をバタつかせる。
バシンッ!バアアンッ!バアシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシンッ!バアアンッ!バアシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシンッ!バアアンッ!バアシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシンッ!バアアンッ!バアシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!バシィンッ!ビダァンッ!バアアンッ!
「謝ってても、嬉しそうな声が混じっていますよ。そんなに嬉しいなら、もっと叩いてあげます」
エルレインはそういうと、さらに叩き続ける。
その後、小一時間にわたって、お尻を叩く音とティアの悲鳴が、公園に響いていた・・・。


 数時間後・・・二人は今度はホテルの一室にいた。
「ふふ・・見事なまでに真っ赤ですねぇ。まるでおサルさんのお尻ですねぇ」
真っ赤に染まったティアのお尻を見ながら、エルレインはそう言う。
「もう・・母さんがしたんじゃないの・・・」
エルレインの言葉に、ティアはやや恨めし気な表情を浮かべる。
 「ふふ、あなたがあまりにも可愛いから、ついついお尻を赤くしたくなるのですよ」
「その気持ち・・・わかるわ。今度は母さんの番よ。覚悟してね」
エルレインの言葉に、ティアは笑みを浮かべる。
そして、ティアはベッドの縁に腰かける。
 「さぁ・・母さん、ここに来て」
ティアはエルレインの顔を見、自分の膝を軽く叩きながら、合図をする。
エルレインは大人しくティアの膝の上にうつ伏せになる。
 エルレインが膝の上に乗ると、ティアはエルレインの服を捲り上げ、下着を降ろす。
あっという間に、聖女の、成熟した大人の女性のお尻が姿を現した。
「ああ・・・。とっても綺麗だわ。羨ましくて・・妬けちゃいそうだわ」
エルレインのお尻をジッと見つめながら、ティアはそう言う。
「妬けちゃいそうで・・悔しいから・・たっぷりと赤くしてあげるわ。母さん、覚悟してね」
ティアは笑みを浮かべて、言う。
そして、ゆっくりと、片手を振り上げた。


 バアシィンンン!!!
「ああっっ!!」
強烈な平手打ちに、エルレインは背をのけ反らせ、悲鳴を上げる。
バシッ!バァンッ!ビダァンッ!バアシィンッ!バアンッ!ビダァンッ!
「ああっ!うう!くぅ!ああ・・・!!」
お尻を叩かれるたび、エルレインは身を震わせ、苦悶の声を上げる。
 「ふふ・・・母さん、痛いかしら?恥ずかしいかしら?」
エルレインのお尻を叩きながら、ティアは尋ねる。
「うう・・・!痛いですし・・恥ずかしい・・です・・・くぅ!うう・・!」
エルレインは苦痛と羞恥に顔を歪めて、答える。
 「そうね。私から見てても、凄く痛そうだし、恥ずかしそうだわ。でも・・・そんな母さんの姿・・とっても可愛いわ。可愛くて・・もっともっと・・見たくなってきたわ」
ティアは笑みを浮かべると、さらに平手の勢いを強める。
バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!
「あああああ~~~~!!痛い痛い痛いですうう!!ティアああああ!!」
強烈で容赦ないお尻叩きに、エルレインは両足をバタつかせて、悲鳴を上げる。
「当然でしょう!お仕置きなんだから!まだまだ行くわよ!!」
バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!
ティアはエルレインのお尻に、容赦ない平手の嵐を降らせる。
あっという間に、エルレインのお尻は、全体が赤く染まってゆく。
 バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!
「ああああ~~っ!ティアッ!許して下さいいい!あああっ!痛っ!痛あああ!あああんんんん!!」
エルレインは幼児のように叫び、両足をバタバタさせて、許しを乞う。
「まだまだよ。ああ・・・母さん、本当に可愛いわ。母さんの可愛い姿、もっともっと見せてちょうだい」
ティアは笑みを浮かべると、エルレインのお尻に、さらなる平手打ちを降らせる。
バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!バンバンバンッ!
「ああああ~~~~っ!もう許してええええ!!!お、お尻が・・壊れちゃううううう!!」
聖女の威厳もプライドもかなぐり捨てて、エルレインは泣き叫ぶ。
ティアがエルレインに叩かれていたのより、さらに長い間、エルレインの悲鳴とお尻を叩く音が、部屋に響きわたり続けた・・・・。


 「ああ・・・。凄く・・赤くて・・綺麗だわ・・・」
エルレインの真っ赤に染め上がり、腫れ上がったお尻を見ながら、ティアは恍惚とした表情で呟く。
「おかげで・・こちらは痛い思いをしましたけどね・・・」
「それはお互い様じゃない。母さんだって、私のお尻叩くの、楽しんでたでしょう?」
恨めし気に言うエルレインに、ティアはそう返す。
 「ふふ・・・。ティア、どうでした、今日のお尻ペンペンデートは?」
「最高だったわ。また・・機会があったら、母さんと二人で、仲良くお尻真っ赤にしたいわね」
「私もです。これからも・・・よろしくお願いしますよ」
「私こそ・・これからも娘として・・お願いするわ、母さん」


 ―完―

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

リクエスト

いつも先生の作品に感激して拝見させていただき次の作品を楽しみにしています。ここで一つリクエストとして作品のなかでおしおきにお灸や浣腸などのシーンを取り入れて言うことのきかない悪い子にお尻ぺんぺんとあわせて入れていただきたくお願いします。たとえばマルコ神父の続編とかダンジューなどの続編などにいかがでしょうか期待しています。
プロフィール

山田主水

Author:山田主水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード